飛行機のチケットの取り方

パスポート旅行や仕事で飛行機に乗ることもあるかと思います。そんな時、どのようにしてチケットを取ればいいのでしょうか。
現在ではさまざまな方法で入手できるため、迷うかもしれませんね。では、国内線と国際線に分けて紹介したいと思います。

国内線チケット

国内線の場合、大手2社の飛行機を利用する人が多いでしょう。その場合は宿泊の有無に関わらず、旅行代理店を通して申し込みをするとスムーズにチケットを取ることが出来ます。
宿泊とセットになって割安になっているプランもあるので是非複数の旅行代理店で検討してみてください。
また、LCCと呼ばれる格安航空券の場合は旅行代理店では取り扱っていないことが多く、インターネットから自分で申し込みをしなくてはなりません。
その分安くチケットを手に入れることが出来、地方同士を結ぶ飛行機もたくさん飛んでいるので便利です。
また、インターネットでは自分が搭乗したい日の飛行機の最安値やセール情報などが出回っているのでそれらをよく調べてください。

国際線チケット

国際線の飛行機に乗る場合も、旅行代理店かインターネットでチケットを取るのが主な方法となっています。
ただし、国際線の場合は乗り継ぎなどがあれば少し複雑になってきます。
日本からの直行便が出ていない場所に行く場合や、乗り継ぎ便や経由便に乗った方が安い場合、2路線以上のチケットを買わなければならないということになると思います。
パッケージツアーなどであればこれらは事前に旅行会社が組んでくれているので安心ですが、飛行機のチッケトだけを取るという場合は不安ではないでしょうか。
この場合は乗り継ぎ時間なども考えないといけないのでさらに複雑です。
なので、あまり自信がないという人はインターネットで予約をするより旅行代理店にそうだんすることをおすすめします。