チケット不要の便利なサービスが広がる飛行機

整列する飛行機
飛行機に乗るためには飛行機チケットを持っていかなければならないというのが常でした。しかし、その状況は着実に変わってきています。手続きさえしっかりと行ってあれば、特別なものは何も持たなくても飛行機に乗れる時代になっているのです。

オンライン予約の広まりとチケットレスサービス

飛行機を予約したいというときにオンライン予約を利用することが広まってきました。旅行代理店の店頭で手続きをして購入するというケースが個人旅行を中心として大幅に少なくなってきている影響を受けて、簡便にチケットの受け渡しを行えるようにするための試みが行われてきています。飛行機をオンライン予約をしたときにチケットを郵送してもらうのではなく、空港に着いてから発券を行えば良いチケットレスサービスが比較的初期から行われるようになったものです。飛行機の予約をして決済すると予約番号が送られてきて、その番号を携えて空港に行き、カウンターで予約番号を入力すれば発券されるという仕組みになっています。チケットレスサービスが空港や航空会社の取り組みによって実現されるようになり、オンライン予約が急速に広まったと考えることもできるでしょう。オンラインサイトを利用した場合だけでなく、電話やメールでの予約を行った場合でも同様に番号を伝えてもらうだけで空港で発券できるようになっているので、店頭に行かずに飛行機予約ができるサービス全体にとって大きな寄与があったと言えます。

空港でのチケットの受け取りすら不要なサービス

飛行機のチケットレスサービスは結局はチケットが必要だというのは確かです。しかし、最近の飛行機ではその必要すらないサービスも提供されるようになってきています。セキュリティーゲートの通過や搭乗手続きの際に必要なのは、チケットに印刷されているQRコードというのが通常になっているのが日本の航空業界の実情です。そのため、必ずしも紙媒体のチケットを飛行機に乗るときに必要としているわけではなくなっています。アプリを利用することで画面にQRコードを表示し、セキュリティーゲートの通過や搭乗手続きをできるようにしてしまうサービスも提供されるようになっているのが現状です。主には各航空会社が提供しているアプリを使用することになりますが、それ以外の会社が提供しているアプリでも利用できるケースが多くなってきました。予約番号を控えておく必要すらなく、普段から利用しているスマートフォンやタブレットなどを携えていくだけで飛行機に乗れるようになっています。予約手続きと決済さえ確実に行っておけば、何も特別なものは持たずに飛行機に乗って旅ができる状況があるのです。

国際線での事情の理解も大切

チケットレスサービスについて留意しておきたいのは、あくまでそのレベルで充実しているのは日本国内に限られるということです。国内線では多くのフライトで利用できるようになっていますが、国際便では飛行機によってQRコードを利用できない場合もあるため、チケットレスサービス自体は存在していても空港で発券しなければならないでしょう。国内便か国際便かによる違いもありますが、航空会社による違いという認識も持っておくと良いでしょう。日本に限らずチケットレス化が進んでいる国は多く、国際便であってもアプリで手続きが行える場合もあります。その利便性の高さに着目して飛行機を選ぶというのも考え方として悪くありません。国際線ではアメリカなどの主要国への飛行機であれば本当に紙媒体のチケットが必要のないサービスを受けられることがしばしばあります。空港でかかる時間を節約することができ、チケットを忘れてしまう心配もない方法なので国際線を利用するときには特にサービスが存在しているかどうかを確認してみると良いでしょう。飛行機を選ぶときの着眼点として覚えておくと良い点です。